初めまして。この度、千代田柔道教室で柔道を教えることになりました山口真史と申します。  私は正則学園高校で社会科の教員として働く傍ら、柔道部の顧問として部員とともに日々稽古に励んでいます。

  中学1年生から姉の影響で始めた柔道とも、今年で20年の付き合いになります。振り返れば、柔道を通じて様々な経験をしました。もちろん楽しかったことだけではありませんが、柔道を通じて感じた喜怒哀楽による精神的な成長や、柔道がつないでくれた出会いなどを考えると、人生の一番の恩人は柔道であるといってもよいくらい、柔道は私にとって大切な存在です。

  気持ちの強さが勝負に大きな影響を与える点は、柔道の魅力の一つです。相手と組み合ったときに、握られた腕から気迫を感じ、その人の強さが伝わってくるため誤魔化しはききません。勝てば嬉しく負ければ悔しい。この時期に本心で正直に稽古に励むことは、後に大きな財産となるでしょう。


  「はじめに」でも述べたとおり、この教室では、柔道を通じて、「実社会で通用する礼儀作法」「目配り気配りの姿勢」「根拠のある自信」「物事を正しく見る目」が身につくような指導を徹底して行います。
  

  ぜひ、お子さんを教室に通わせてください。